国会議員をはじめ800人以上に及ぶ
出席者、賑やかに開催

全国社会保険労務士政治連盟及び全国社会保険労務士会連合会の共催による懇親パーティーは、6月30日(金)、パレスホテル東京(東京都千代田区)において、定期大会及び連合会通常総会終了後、800人以上に及ぶ出席者を集めて盛大に開催された。
なお、塩崎恭久厚生労働大臣(自由民主党社会保険労務士議員懇談会)には、通常総会において、祝辞を頂戴した。
当日は、森英介自由民主党社会保険労務士議員懇談会会長、山口那津男公明党代表(公明党社会保険労務士議員懇話会顧問)、井上義久公明党幹事長(公明党社会保険労務士議員懇話会会長)、高市早苗総務大臣、漆原良夫公明党中央幹事会会長(公明党社会保険労務士議員懇話会顧問)、川端達夫衆議院副議長(民進党社会保険労務士議員懇談会顧問)、古屋範子厚生労働副大臣(公明党社会保険労務士議員懇話会顧問)をはじめとする国会議員及び隣接士業団体等の来賓が多数参集した。
堀谷義明会長は、副会長、幹事長とともに登壇し、新執行部のもと更なる社労士制度発展に向けて尽力する旨挨拶し、乾杯の発声。和やかな歓談の幕が開いた。
国会議員の方々からは、働き方改革をはじめ社労士の今後の活躍への期待等、心温まるお言葉を頂戴し、賑やかな懇親パーティーとなった。
(政党・役職は開催当時)

ページトップ